アパレル

スノーピークの再入荷まで待てない方にはL.L.Beanのトートバッグがおすすめ

再販のたびにその日のうちに完売するスノーピークの大人気トートバッグですが、同じようなしっかりとした生地を使用して、スノーピークよりもサイズのバリエーションが豊富なL.L.Beanのトートバッグをご紹介します!Amazonを始め、多くのECサイトでも取り扱いがあるので買いやすいのもポイントです。気になる価格もまとめました!


キャンプだけでなく普段使いもできるおしゃれトートバッグ

この記事では、

スノーピークのトートバッグとの違いは?

サイズは全部で何種類?

をメインに調べてみました。

スノーピークのトートバッグは質感が高く、かなりしっかりとした生地でキャンプだけでなく普段使いもできるデザインでキャンプ好きでなくても気になるバッグです。

しかし、スノーピークのトートバッグは、

  • 値段が高め
  • スノーピーク公式ECサイトでしか購入できない
  • 再販にかなりの時間がかかっている
  • 再販されても当日無くなる

といったことから、入手も困難な状況です。

画像:L.L.Bean公式ECサイトより引用

そんな中、私が見つけたのが、L.L.Beanの「ボート・アンド・トート・バッグ」です。

ボート・アンド・トート・バッグはキャンプギアを取り扱っている通販サイトをはじめ、Amazonや楽天等大手ECサイトでも取り扱っているので、入手しやすいことが特徴です。

また、値段もスノーピークのトートバッグと比較してリーズナブルなので、そういった意味でも入手しやすいので、スノーピークのトートバッグの再販まで待てない!という方は、ぜひ一度チェックしてみてください!


ボート・アンド・トート・バッグの特徴

1.4サイズ8種類から選べる

画像:L.L.Bean公式ECサイトより引用

L.L.Beanのボート・アンド・トート・バッグは、「ミニ、スモール、ミディアム、ラージ、エクストララージ」の5サイズが発売されています。

また、それぞれのサイズにハンドル(取っ手)の長さがレギュラーサイズとロングサイズの2種類から選ぶことができるため、バリエーションは全部で8種類あります。

これだけ豊富にサイズがあれば、自分にぴったりのサイズのものを選ぶことができると思います。

各トートバッグのサイズは以下のとおりです。

 
ボート・アンド・トート・バッグ ミニボート・アンド・トート・バッグ スモールボート・アンド・トート・バッグ ミディアムボート・アンド・トート・バッグ ラージボート・アンド・トート・バッグ エクストララージ
サイズ高さ17 x 幅24 x 奥行き13cm高さ27 x 幅24 x 奥行き13cm高さ30 x 幅33 x 奥行き15cm高さ38 x 幅43 x 奥行き19cm高さ43 x 幅48 x 奥行き25cm
ハンドルの
長さ
10cmRegular 13 /
Long 36cm
Regular 15 /
Long 36cm
Regular 20 /
Long 36cm
Regular 25 /
Long 36cm
容量8L16L34L54L
重量270g425g539g709g 936g
価格
(税別)
4,290円5,900円6,900円7,900円8,900円

2.豊富なカラーリング

サイズだけでなく、カラーが豊富なことも特徴です。

L.L.Bean公式ECサイトでは、サイズによって販売されているカラーが異なりますが、ボート・アンド・トート・バッグ オープン・トップであれば、ベーシックから最大7色に加え、セールカラーが最大6色ありました。

Dark Green
Fossil Brown
Green Camouflage
Regatta Blue
Black Trim
Red Trim
Blue Trim

画像:L.L.Bean公式ECサイトより引用

ベーシックカラーは、Dark Green、Fossil Brown、Green Camouflage、Regatta Blue、Black Trim、Red Trim、Blue Trimの7色です。

また、セールカラーには、Mineral Red、Pool Blue、Reef Coral、Skylightなどパステルカラーも販売されています。

また、スキーヤー・ボート・アンド・トートやグラフィック・ボート・アンド・トート等、イラストのあるバッグもあります


L.L.Beanとスノーピークのトートバッグの違い

L.L.Beanトートバッグ

Snow Peakトートバッグ

L.L.Beanとスノーピークのトートバッグの違いをまとめたのが以下の表です。

 
ボート・アンド・トート・バッグ ミニボート・アンド・トート・バッグ スモールボート・アンド・トート・バッグ ミディアムボート・アンド・トート・バッグ ラージボート・アンド・トート・バッグ エクストララージCanvas NOASOBI ToteBag SCanvas NOASOBI ToteBag MCanvas NOASOBI ToteBag L
サイズ高さ17 x 幅24 x 奥行き13cm高さ27 x 幅24 x 奥行き13cm高さ30 x 幅33 x 奥行き15cm高さ38 x 幅43 x 奥行き19cm高さ43 x 幅48 x 奥行き25cm高さ24 x 幅24 x 奥行き13cm高さ29 x 幅30 x 奥行き15cm高さ37 x 幅43 x 奥行き18cm
ハンドルの
長さ
10cmRegular 13 /
Long 36cm
Regular 15 /
Long 36cm
Regular 20 /
Long 36cm
Regular 25 /
Long 36cm
10cm20cmq23cm
容量8L16L34L54L7L12L20L
重量270g425g539g709g 936g375g565g885g
価格
(税別)
4,290円5,900円6,900円7,900円8,900円5,800円7,800円9,800円

サイズの違いはもちろんですが、特徴としてはL.L.Beanのボート・アンド・トート・バッグには内ポケット、外ポケットがありませんが、スノーピークの野遊びトートバッグにはサイズに応じた内ポケットに加え、外ポケットがあります。

大きなキャンプギアを収納するだけであればポケットは不要ですが、普段使いするならば内ポケットがあると便利かと思います。

私の購入した野遊びトートバッグLには内ポケットが3つ、外ポケットが2つついていました。ポケットはかなり大きいものもあり、500mLのタンブラーを入れておけるものもありました。

値段に関しては、スノーピークのトートバッグの方が、L.L.Beanと比較して高額な傾向にありました。


スノーピークに拘らなければL.L.Beanもおすすめ

画像:L.L.Bean公式ECサイトより引用

はじめはL.L.Beanのトートバッグはスノーピークと似ていると思っていましたが、調べていくうちにほとんど同じであることがわかりました。

生地感についても、スノーピークの野遊びトートバッグは自立するほどしっかりとした生地が使用されていますが、L.L.Beanも同様に自立するようです。

よって、両者の違いはサイズ、ロゴ、ポケットの有無になります。ポケットの有無が気にならなければ、L.L.Beanのトートバッグの方がリーズナブルでサイズやカラーリングが豊富でおすすめです。また、L.L.Beanのトートバッグの方が入手しやすいこともメリットです。

L.L.Bean公式サイトに関わらず、大手ECサイトでも取り扱いがありますので、気になる方は是非チェックを!